神前式の衣装の特徴と魅力について

結婚式の形はいくつかの方法がありますが、近年人気を高めている形式が神前式です。これは日本古来の結婚式の形式で日本の古き良き時代を彷彿させるような魅力があります。由緒正しい神社で神様の前で結婚の誓いをする、そしてその許しを得てその後の人生を見守っていただく形です。室町時代から結婚式は行われていましたが、各家での催しとなっていました。それが明治時代になって大正天皇が神社で執り行ったのをきっかけに一般的にも広まってきたのです。神前式は和装を身に着けて行います。近年の和装ブームもあることでそれがきっかけでこの形式の結婚式を希望するカップルが増加しているのです。現代だからこそ日本伝統の衣装を身に着けることの重みやその幸福感を更に得られるというような気持ちの高まりがあるのです。

花嫁の衣装の特徴と魅力について

神前式で行う結婚式には花嫁の衣装がとても魅力的です。清楚で品のある、それでいて凛とした強さが表現できる着物は日本の美しさを代表できるものです。多くは白無垢や色打掛を身につけます。白無垢は純粋無垢な真っ白な着物です。白は清らかな身と気持ちで式を迎え嫁いだ先の色に染まるという意味が込められていることで昔は結婚式のみならず様々な式典などで着用されてきました。日本人の肌の色や品の良さにとてもマッチしています。また色打掛も人気があります。色鮮やかで美しい柄の着物は見ているだけで心が華やぐような目を見張るものがあります。昔は上級武家の女性が着るものとして誕生しました。現代ではその柄や色合いも更に豊富になり時代にマッチしたものも人気も多く展開されていることで人気があります。

日本伝統の結婚式の特徴について

神社で行われる結婚式は厳かで神聖で、心が引き締まる思いを感じます。張り詰めた心地よい緊張感はその空気感が結婚というものの重みを改めて感じ、その後の人生をしっかりと歩んでいこうという気持ちにおのずとなるのです。雅楽の音色に包まれた神殿、神様に見守られている感覚、巫女の舞など非日常の中で気持ちを新たにスタートできるきっかけになります。家と家のつながりを深めるための儀式もあり、それによって両家の絆が深まるきっかけとなるのです。現代では着物を着る機会は日常生活の中であまりありません。神社での結婚式だからこそ日本伝統の魅力が味わえる着物を着て、そして神聖な空気感の中で人生の中で最も幸福感に包まれる結婚をすることが出来るのは素晴らしい体験となり、一生の思い出になるはずです。